秋デート 服 メンズ 

秋のデート服でおさえておきたいポイント

秋
秋と言うのは男女ともに服装に困る時期です。温暖化が進んでいる影響で暦上秋だと言われる時期でも暑い日があります。また一気に寒くなってしまう日もありまちまちなのです。

 

なるべくどちらにも対応できるような服装を考えるのは簡単ではありません

 

女性はついついデートに気合が入りすぎて、いつもちは違う服を着たり、メイクをしっかりしたりなどをする人がたくさんいます。しかし、気合が入るのは男性も同じです。女性の隣を歩いて恥ずかしくない格好を考える男性もたくさんいます。

 

そんな男性が秋に着るデート服はどんなものがいいのでしょうか。

 

ポイントをまとめてみました。

 

短パンはNG

ファッションは人それぞれ好みがあるため一概には言うことができませんが、あくまで傾向として男性の短パンはあまり好きではないという女性は多い傾向にあります。
特に真夏ならまだしも、秋ファッションにおいて短パンはNGです。
きっちりしたパンツをはく必要はありませんが、ジーパンやチノパンなど、なるべく動きやすい長ズボンをはく方が無難です。

 

薄めの服を重ね着しましょう

秋ファッションの難しいところは、気温が日によってバラバラであるというところにあります。残暑中であっても寒い日はありますし、冬手前なのに歩いているだけで軽く汗ばむような暑い日もあります。
なるべくどちらにも対応できるように、薄めの服を重ね着するようにしましょう。例えばTシャツの上にメンズカーディガンを羽織っておき、朝や夜が寒そうだと思ったら首にストールを巻いておくなどもよいでしょう。
また薄めの長そでTシャツの上に通気性のあるジャケットを羽織ればある程度の厚さはあるものの暑苦しくはないので秋にはぴったりです。

 

小物も季節に合わせる

オシャレな男性はファッションに合わせる小物もいくつか持っていることが多いでしょう。小物はあくまで小物なので、決めたコーディネートに合わせて何かをプラスするようにします。
しかし、あまり小物を身に着けすぎると、デート中にはずしたくなった場合が荷物になります。
例えばハットをかぶっていったとします。デートで歩いている最中に暑くなってくると、ハットの中がむれてかぶるのをやめたくなる人がいるでしょう。しかしそのハットをずっと手に持っておくのは非常に邪魔です。
このようなことから、なるべく小物として利用しやすいのはストールだと言えるでしょう。
ストールであれば暑くなればはずしてカバンの中に入れておけますし、少し寒さを感じればまた身につければいいため邪魔になることが少ないのです。
オシャレに気を配りすぎてデート中に面倒なことにならないように気を付けましょう。

 

ブーツは冬まで我慢しましょう

どのようなデートプランなのかにもよりますが、ショッピングをしたり遊園地に行ったりなど、比較的歩くことが予想されるデートである場合はブーツはNGです。
スニーカーに比べて足に負担がかかることが多い上に、暑くなってくると足もむれてきます。
オシャレでブーツを履く場合はあまり歩いての移動ではないデートのときや、朝や夜など気温が一気に下がる時間帯もデート時間に入っている場合などに寒さ対策で履くようにしましょう。

 

まとめ

デートに気合が入るのは女性側としても嬉しいことなのですが、デート時には女性をエスコートすることも必要になってきます。
例えば荷物を持ってあげたりはよくあることですが、何があるか分からないためなるべくオシャレよりも動ける格好である方が実は良かったりするのです。
またあまりにオシャレをしすぎると女性側がハードルを高く感じてしまうこともよくあります。彼女のためにやったことが、逆に彼女からすればあまりいいことではないというのも珍しくはありません。
彼女のことを考えてあげたり、またどんなデートにするのかでファッションを考えるようにしましょう。

 

 

★秋のおしゃれなメンズデート服:おすすめ通販ショップはこちら★